仕事を自由に選択できる若い世代の人たち

かつては仕事の選択肢は限られていましたが、現代ではほとんどどんな仕事に対しても門戸は開かれています。仕事を選択できるようになったのはつい最近のことであり、それまでは仕事は選べませんでした。現在の日本社会では、必ずしも就職しなくても収入を得るあてはありますし、つきたい仕事を望むことは可能になっています。けれども、現代の日本の社会では、自分の仕事の選択がうまくいった人ばかりかというとそうはいかないのが実際の話です。つきたい仕事を探せる時代になったからこそ、自分のことを自分で決めなければならないという問題があります。自分の中にどんな希望が根差しているのか、きちんとくみ取れないと誤った選択をしてしまいます。自分以外の人がどんな選択をして、どんな人生を歩んでいるかは、インターネットを介してわかるような時代になっています。ネットに上がっている写真や生活の一端は、充実度も高く、人が見た時にとてもいいものにも見えます。若い人の中には、自分の人生が、ネットにアップされている人の暮らしと違い過ぎると感じることもあります。自分の人生はうまくいっていないのにネットには成功した人生が掲載されていることに落ち込む方もいるようです。そんな時は、自分の仕事の選択は根本的に誤っていたのではないかとか、違う選択をすべきだたのではないかと思いがちです。仕事を選択する際には、世の人達の考えばかりに目を向けすぎず、自分の価値基準で判断できるようにしましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です